東奥日報社の女性倶楽部「女子〇(ジョシマル)」は青森県東通村のキャラクター「かんだちくん」の着ぐるみ製作に関わる費用をインターネットで募るクラウドファンディング(CF)に挑戦している。5日には集まった支援額が予想より大幅に早く第1目標の80万円を突破した。

 このプロジェクトは東奥日報社が地域応援のために開設したCFサイト「HANASAKA(ハナサカ)」の先行プロジェクトとして実施。引き続き着ぐるみのバージョンアップを目指す「ネクストゴール」の100万円到達を目標に25日まで支援を受け付ける。ネクストゴールで目指す着ぐるみは、従来のかんだちくんを基に村職員がデザインを作成。額に村の地図、頭には尻屋埼灯台をあしらい、より村の魅力を強調している。

 かんだちくんは20年以上前に誕生し、今回が初めての着ぐるみ製作。5月10日のCF開始以来、連日支援が寄せられていた。支援者には金額に応じて、村特産の黒毛和種「東通牛」ローストビーフ、天然ヒラメ刺身重の食事券などのお礼の商品を送付する。

 支援についてはHANASAKAサイト(http://www.toonippo.co.jp/hanasaka/)で紹介している。

【関連リンク】ジョシマル