進学説明会で大学担当者(右)の説明を熱心に聞く高校生

 東奥日報社は7日、青森市の青森国際ホテルで「著名大学進学説明会」を開催した。大勢の高校生や保護者らが訪れ、大学担当者の説明をじっくり聞きながら将来の進路を考えた。

 青森公立大学、青森中央学院大学、八戸学院大学など県内大学のほか、法政大学、中央大学など県外の著名大学も参加し計37のブースを設置。各校の担当者が大学の特色や入試内容、取得可能な資格などを資料を示しながら紹介した。

 薬剤師を目指しているという青森山田高2年の太田実桜(みおう)さんは「第1希望の大学に、気になっていた入試のことや資格取得の大変さについて具体的に聞くことができ、とても参考になった」と話していた。