東日本大震災の発生3日後に盛岡市の百貨店「中三盛岡店」(閉店)で男性1人が死亡した爆発事故は点検でガス漏れを見落としたためとして、経営する中三(青森市)が盛岡ガス(盛岡市)に約45億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(小林久起裁判長)は7日、賠償を認めなかった一審盛岡地裁判決を支持し、中三の控訴を棄却した。(共同)