現地調査で担当者から説明を受ける田中委員長代理(中央)や原子力規制庁職員=7日午前10時1分、六ケ所村の日本原燃

 原子力規制委員会は7日午前、日本原燃の六ケ所再処理工場で、重大事故の対処施設を中心とした現地調査を開始した。田中知・委員長代理や原子力規制庁の審議官らが現場に赴き、新たに建設中の緊急時対策所(緊対所)や、高レベル廃液ガラス固化建屋などを視察。調査メンバーは午後、2017年に雨水が流入するトラブルが起きた非常用電源建屋などを調査する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)