スタンド部分からスケート場の鉄骨などを見学する参加者
整備が進む屋内スケート場

 青森県スケート連盟(田名部和彦会長)は6日、2019年秋のオープンを目指し八戸市長根公園で整備が進む屋内スケート場の建設現場を見学した。参加者は、スケート場内部でリンクやスタンド部分を目の当たりにし、運用開始へ期待を膨らませた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)