青森市の山形さん(仮名)が自宅に取り付けたALSOKの緊急通報システム。「1人暮らしの不安が軽減された」と山形さん
セコムが出している見守り・救急通報サービス機器

 高齢者の見守り・緊急時支援で、民間警備会社の通報システムを利用する人が青森県内でも増えている。単身高齢者の増加や孤独死問題がクローズアップされ、不安を抱く高齢者やその子どもが申し込むという。「民生委員や近所の人に負担を掛けたくない」「地域の人に生活の様子を知られたくない」と、警備のプロに家の鍵を預ける人もいる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)