初めての淡水潜水訓練を行った隊員たち

 海上自衛隊大湊地方隊は6日、青森県東北町の小川原湖で、大湊水中処分隊による初めての淡水潜水訓練を実施した。同処分隊は今後、淡水での訓練を年1回程度行う予定で、今回の訓練は適地調査の一環。隊員たちは海と湖の違いを確認しながら潜水した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)