スキージャンプの練習に打ち込む原田君(左)。右は父の幹大さん=秋田県の花輪スキー場

 青森県五所川原市のスキージャンプ教室「金木ジャンプクラブ」に、糖尿病と闘いながら練習に打ち込む小さなジャンパーがいる。金木小学校3年の原田哲志君(9)。病気のハンディを感じさせず、「うまく飛べたときにすっきりした気持ちになれる」と自身の成長を純粋に楽しんでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。