朝焼けの紅葉を目当てに見物客でにぎわう蔦沼=2019年10月27日午前6時ごろ

 青森県十和田市の観光地・蔦(つた)沼周辺で紅葉シーズンに発生する路上駐車と交通渋滞が深刻化していることから、十和田市、県、県警、環境省などでつくる十和田湖周辺交通渋滞対策協議会(会長・小山田久市長)は25日、期間を定め蔦沼展望デッキの入場者に対し車1台あたり最大4千円の協力金を求めることを決めた。新型コロナウイルスの感染予防も考慮した。早朝については入場制限のためインターネット予約が必要で、抽選に当たった人のみ入場できる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。