スチューベンの収穫を楽しむ園児

 ブドウ「スチューベン」の生産量日本一を誇る青森県鶴田町で収穫作業が始まっている。25日は同町の成田義弘さん(津軽ぶどう協会長)の園地で、つるのこ保育園の園児たち15人がもぎ取りを体験した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から