安全を守るべく決意を新たにした卒業生

 青森県警察学校(加藤徹校長)は25日、青森市の同校体育館で初任科第138期の卒業式を行った。大卒を対象とする短期課程を終えた28人は、県民の安心・安全を守る決意を新たにした。同日付で各警察署に配属され、地域警察官としての第一歩を踏み出した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から