オリジナルの海鮮粥が提供された「陸奥湊キッチン」の初回=21日、八戸市営魚菜小売市場内の食事スペース

 青森県八戸市の陸奥湊駅通り地区まちづくり協議会(駒井庄三郎会長)は9月から、同駅前にある市営魚菜小売市場で新企画「陸奥湊キッチン」を始めた。市内の料理人たちが月1回、同市場で販売している魚介類を使ったオリジナルメニューを提供し、新たなにぎわいの創出を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から