台風12号は24日、房総半島沖から関東の東の海上に進み、同日午後3時、温帯低気圧に変わった。今後は前線を伴い、発達しながら三陸沖に進み、26日にかけて北海道に接近する見込み。青森地方気象台によると、青森県内は25日夕方から26日にかけて、暴風や大雨となる見通し。温帯低気圧の進路によっては警報級の大雨や暴風となる可能性があり、気象台は土砂災害や農作物の被害などに警戒するよう呼び掛けている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から