IOCのバッハ会長

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日、新型コロナウイルス感染拡大で来夏に延期された東京五輪に関し、危機を乗り越えて「われわれは必ず実現できると思う。この大会は歴史的なものになる。必ず成功する」と改めて開催に強い意欲を示した。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会とIOC調整委員会が2日間開くオンラインでの合同会議の冒頭で語った。

 史上初の延期決定から半年。バッハ氏は世界各地で最近、大規模な大会が成功裏に開催されている事例を踏まえ「スポーツは復活しつつある。安全なスポーツ大会が開けることが証明された」と強調した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む