祭文を読み上げる藤田会長
式を執り行う斎主

 青森県りんご協会は24日、「りんご祭祭典」を開き、リンゴ生産や行政の関係者75人が、弘前市の弘前大学北溟寮敷地内の「行啓記念碑」前で、出来秋に向けリンゴの豊作や販売の成功を祈った。今年は藤崎町発祥で、世界一の生産量を誇る品種「ふじ」誕生80年の節目に当たり、同協会の藤田光男会長は「最高級のリンゴを世界中の人に喜んでもらえるよう、尽力したい」と語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から