学生への経済支援の継続を発表する福田学長

 弘前大学の福田眞作学長は24日の定例記者会見で、後期が始まる10月1日から通常の対面方式で授業を行うと発表した。講師が首都圏などにいる場合などはオンラインで行う。また、学生への経済支援として、前期に実施し、好評を得た「100円夕食」を12月末まで行う-と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から