特別支援学校オンラインスポーツ大会のバレーボールで準優勝した青森二高養チーム
各校の映像をつないだオンライン画面

 コロナ禍でも障害のある子どもたちがスポーツに親しめる機会を設けようと、青森県内特別支援学校のオンラインスポーツ大会が24日、各校で開かれた。スポーツ庁によると、全国初の試みで、障害者スポーツの振興を図る同庁のモデル事業にも位置付けられている。県内13校から約860人が参加し、新たな形のスポーツ大会を楽しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。