植物繊維の糸を専用の器具に通して網を編む生徒たち=青森市の三内中

 漁網作りを通じて縄文時代の暮らしにイメージをふくらませ、親しんでもらおうと、青森県と東京芸大が「あおもりJOMON GYOMO(ギョモウ)プロジェクト」を県内学校で実施している。児童生徒が植物繊維で糸を作り、編んだ網をつなぎ合わせ、巨大漁網に仕立てて来年度にも漁をする計画で、担当者は「郷土の文化を学んで愛着を持ってほしい」と、子どもたちの参加を呼び掛けている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から