「治療費が軽減されれば、不妊治療を続ける気持ちになれる」と話す八戸市の女性=青森市の産婦人科クリニック

 菅義偉首相が不妊治療の保険適用拡大方針を打ち出したことについて、治療を受けている県内の女性から「負担が減るなら、治療を続ける気持ちになれる」と期待する声が聞かれる。医療関係者からは「おおむね賛成」との意見のほか、「保険対象となる治療法を絞り込むのが難しく、現状の助成制度を拡大するのが現実的」との声も。遠くから通院する人や仕事を休みづらい人もいるため「医療費軽減のほか、通院しやすい環境づくりも重要」との指摘もある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。