新たに見つかった方形区画の溝の脇に立つ担当者=23日午後、南部町小向

 南部町教育委員会は23日、北東北最大の戦国大名・三戸南部氏の中心的城館だった国史跡「聖寿寺館跡(しょうじゅじたてあと)」(同町小向)で、城館北東部に約100メートル四方の溝や堀で囲われた、謎の方形区画が新たに見つかったと発表した。これまで城館東側は倉庫や工房などがあった場所と考えられていたが、今回の発見で東側も、武家居館と思われる重要空間だった可能性が浮上。町教委担当者は「聖寿寺館跡の城館構造を根底から覆す発見」と驚いている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。