イチョウの状態について説明する斎藤さん

 ナラタケ病により樹勢が弱まり治療中の青森県八戸市田向の毘沙門公園にある「毘沙門のイチョウ」について、市は23日、樹木医による公開診断を行った。樹木医は「調子がいい部分と悪い部分があり、今後も治療が必要」との見解を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から