ライブハウス「青森SUBLIME」でライブイベントのリハーサルをする出演者とスタッフ

 新型コロナウイルスの影響で文化芸術活動が制限される中、青森市は本年度、活動の場がない歌手や劇団、大勢の人を集めて営業できないライブハウスなどを支援するため、オンラインで活動を発信する経費の一部を助成している。文化芸術活動54件が採択され、市はホームページで活動を紹介している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から