青森県は、県内で確認された新型コロナウイルスの感染者情報のうち「職業」を新たに非公表とした。居住市町村も、現時点で従来通り公表しない方針だ。県民からは、一定の情報があれば安心したり感染を警戒したりできるとの声の一方、感染者個人を誹謗(ひぼう)中傷から守るために情報の絞り込みは必要と訴える声も強い。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から