西目屋薪エネルギーが通販を始めた薪。ストーブ用のほか一人でキャンプをするときに使いやすい小さいサイズも取りそろえた

 青森県西目屋村の「西目屋薪エネルギー」が、村内や村周辺の森の手入れなどで出た木材を活用してつくるキャンプ用薪(まき)「白神の薪」の通販を始めた。同社の嶋中泰彦さん(43)は「単なる燃料としてでなく、こだわりのキャンプ道具を選ぶように、薪も『白神の薪』を選んでほしい」と話す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から