修繕費を巡って宮司と総代がトラブルになっている大星神社

 青森市で最も古い歴史を持つとされる同市問屋町の大星神社で、運営方針や修繕費などを巡り、他の神社も兼任する宮司と地元の総代らが対立し、解決の糸口が見えない状況となっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。