涼み座敷の間のステンドグラスを紹介した一場面

 青森県五所川原市の市民団体「公開講座 奥津軽」(角田周代表)が撮影を進めていた中泊町の旧家「宮越家」のステンドグラスを紹介する動画の第1弾が、20日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信されている。制作者の小川三知(さんち)(1867~1928年)や宮越家の来歴を丹念に取材、大正期の貴重なステンドグラスの魅力が伝わる内容となっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。