子ども食堂の運営形態などについて話し合う有志たち

 青森市で社会福祉活動などに携わる有志6人が「子ども食堂」の運営組織を立ち上げ、10月に初めての活動を行うことになった。メンバーの中にはシングルマザーとして苦労した経験を持つ母親も多く、「誰にも頼れずに一生懸命頑張っている人たちを支援できれば」と意気込んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。