来年春の選抜高校野球大会につながる秋季青森県高校野球選手権が19日、弘前市のはるか夢など3球場で開幕し、初日は1回戦6試合を行った。八工大二-弘前実は、2点を追う八工大二が終盤八回、満塁の絶好機に細川憲人の走者一掃となる二塁打で逆転し5-4で勝利。柏木農は1年生の主戦佐藤幻瑛が力投し、大間を振り切った。そのほか聖愛、青森、青森北、八戸西が初戦を突破した。第2日の20日は2回戦8試合を行い、8強が決まる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から