▼満65歳以上対象/八戸
 青森県八戸市は18日、新型コロナウイルス対策の一環として、65歳以上のインフルエンザ予防接種料金を本年度に限り無料とすると発表した。高齢者の接種率を高めたい考え。

 対象者は八戸市に住民登録している(1)接種日に満65歳以上(2)接種日に満60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能に日常生活が制限される程度の障害がある人、またはヒト免疫不全ウイルス(HIV)により日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある人。

 予防接種の実施期間は10月1日から12月20日まで。免除申請など事前手続きは不要で、直接医療機関を受診する。

▼村内1~18歳と妊婦に助成拡大/六ケ所
 六ケ所村は18日、村内に住む1~18歳と妊婦のインフルエンザ予防接種費用を全額補助する方針を明らかにした。医療機関で予防接種が始まり次第、順次補助を受けられる。

 村は従来、65歳以上の予防接種費用を全額補助し、1~64歳の予防接種には千円の補助を行っていた。今回は新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行と重症化の予防、子育て世代の経済的負担の軽減のため補助対象を拡大する。これにより、村内約1500人が新たに全額補助の対象者となる。

 千歳平診療所、村地域家庭医療センター、泊診療所、ちびき病院の4委託医療機関では、補助に関する手続きをせずに予防接種を受けられる。それ以外の医療機関で予防接種した場合は、後日、担当窓口で手続きが必要になる。

 村は関連経費を盛り込んだ一般会計補正予算案を12月の定例村議会に提出する方針。