再処理工場の運転に向けた取り組みについて説明する増田社長(手前から2人目)

 青森県議会は18日、議員説明会を開き、原子力規制委員会の安全審査に合格した日本原燃・六ケ所再処理工場をはじめ、県内に立地する原子力施設の審査の状況について、事業者5社と原子力規制庁から説明を受けた。原燃の増田尚宏社長は、再処理工場の運転やメンテナンス業務をメーカーから地元企業にシフトすることで地元への発注を拡大する意向を明らかにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から