昆虫が運んだ病原菌が原因で樹木が枯死する「ナラ枯れ」について、青森県は17日、つがる市、鯵ケ沢町、西目屋村の3市町村で被害を確認したと明らかにした。ナラ枯れ被害の発生地域はこれまで深浦町風合瀬地区以南にとどまっていたが、初めて同町以外で被害が確認された。同日、県議会農林水産常任委員会で報告した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から