新型コロナウイルス感染防止対策の一環で、青森県は16日発表した2020年度一般会計補正予算案に、県内4乗り合いバス事業者のICカードシステム導入に補助金5億1787万円を計上した。非接触型の「新しい生活様式」実践が狙い。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から