刈り取った藍をネットに袋詰めする「藍農産」のメンバー

 青森市飛鳥塩越の休耕田を活用した畑で栽培されている「あおもり藍」の収穫が終盤を迎えている。15日朝は、刈り取った藍をネットに袋詰めする作業が行われた。袋詰めされた藍は専用の機械で乾燥後、手作業で粉末にして出荷される。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から