青森県つがる市の自宅敷地内で父親(49)を刺したとして、高校生の息子(16)が殺人未遂容疑で逮捕された事件で、少年が警察の調べに「自分の中の問題を解決するためにやった」という趣旨の供述をしていることが16日、捜査関係者への取材で分かった。家庭内や学校で目立ったトラブルは確認されておらず、県警は少年自身の悩みが動機となった可能性があるとみて、供述内容の裏付けを慎重に進めている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。