コメの集荷業者でつくる青森県米穀集荷協同組合は16日、青森市で役員会を開き、2020年産米の出荷契約を結んだ農家に支払う概算金(仮払金)を決めた。主力品種のつがるロマン(60キロ当たり、1等米)は1万1900円、まっしぐらは1万1400円で、いずれも19年産の概算金から800円引き下げた。ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」は1万5千円で、前年と同額を維持した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から