閉鎖期間中の弘前公園で撮影した写真を使ったカレンダーとポストカード

 弘前観光コンベンション協会は、今年春の弘前公園閉鎖期間中に咲いた桜の写真を用い、来年のカレンダーとポストカードを作成した。無人のまま見ごろを迎えた本丸、西堀などの風景が楽しめる。商品名は「幻となった100回目のさくらまつり~それでも桜は咲き誇る~」。18日から市内の観光関連施設などで販売する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。