東京電力福島第1原発が立地する福島県双葉町の町議会は16日、同原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水の処分方法を早期に決めるよう政府に求める意見書を全会一致で可決した。

 処理水は、第1原発で出た汚染水を浄化した後の水。政府の小委員会が今年2月、海や大気への放出処分が現実的だと提言した。

 意見書は「復興のため第1原発の廃炉を一歩一歩進めるのが重要で、早期に処理水を処分するよう求める」と明記。同時に、どのような処分法を選択しても説明責任を果たし、放出に伴う風評被害が出ないように対策を取ることを求めた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む