津軽伝承工芸館のギャラリースペースに、ねぷた絵を出品した津軽地域の中学・高校生たち

 青森県黒石市袋の観光施設・津軽伝承工芸館(村上正吾館長)は12日から、同館のこみせ風アーケードにあるギャラリースペースの展示をリニューアルした。黒石ねぷたの絵師団体「黒昇會(こくしょうかい)」(今井秋行(ときゆき)会長)のメンバーの作品、絵師になることを夢見る津軽地域の中学・高校生の作品や、黒石よされの歴代ポスターを披露している。11月中旬までの予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から