子どもたちの練習を見守る生玉さん(中央)。「基礎トレーニングを大事にしてほしい」と語る
南台寺でお経を読む生玉さん

 青森県五所川原市金木町に現役ランナーとして小中学生への陸上指導に取り組む僧侶がいる。今春、Uターンしてきた南台寺の生玉顕(いくたまあきら)さん(36)だ。「生まれ育った金木に陸上で恩返ししたい」。その思いを胸に日々、子どもたちと汗を流す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から