新型コロナウイルス感染症への適切な対応を怠り、県民に多大な不安を与えたなどとして、青森県警警備部に勤務する20代男性巡査部長が本部長訓戒の処分を受けていたことが15日、県警への情報公開請求で分かった。処分は2日付。県警は「積極的に発表する内容ではない」との理由で、情報公開請求まで処分を明らかにしていなかった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。