鍋で塩をいって水分を飛ばす児童たち

 来春に統廃合となる青森県階上町の小舟渡小学校は15日、小舟渡海岸からくんだ海水を使って塩作りを行った。2011年からスタートした塩作りは、同校の恒例行事。3~6年の児童17人は、出来たての塩でおにぎりを握るなどし、地元の海の恵みを味わった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から