地下に埋め込む形で造成中の新しい「須恵器窯」=15日、五所川原市金山の津軽金山焼

 青森県五所川原市金山の津軽金山焼は、2009年から使い続けてきた登り窯を取り壊し、新しい「須恵器窯」を築窯している。作業が折り返しを過ぎた15日、窯元の松宮亮二さん(73)の指揮で、職人たちがれんがの積み上げに精を出した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。