写真を指さしながら事故について説明する今村さん

 乗客乗員ら1155人が犠牲になった青函連絡船「洞爺丸」の海難事故を今に伝える写真展が10日、青森市本町の青森まちかど歴史の庵「奏海(かなみ)」で始まった。10月3日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から