青森県西目屋村は、村内を定時運行するコミュニティバスの実証運行を来月1日から始める。村は2017年から予約型乗り合いタクシーを実証運行してきたが、村民から利便性向上を求める声が上がったことへの対応。運転手を新たに雇用するほか、平日日中は役場職員も運転する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から