角弘本社ビル一帯の再開発事業のイメージ図(中新町山手地区市街地再開発組合提供)

 青森市中心街の角弘本社ビル一帯の地権者でつくる「中新町山手地区市街地再開発組合」(野澤正樹理事長)は14日、再開発事業で整備する複合施設の概要を明らかにした。複合施設に入居するビジネスホテルの客室数は約190室、分譲マンションは約80戸となる見通しで、2021年3月の着工を予定している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。