8月下旬から弘前市などで大量発生しているアメリカシロヒトリの「巣網」=平川沿い

 8月下旬から、青森県弘前市などで外来種のガ「アメリカシロヒトリ」が大量発生している。同市環境課に寄せられた報告や相談の件数は、9日時点で昨年の倍以上に達しており、担当者は「原因ははっきりしない。早期発見と地域ぐるみでの駆除が大切」と話している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から