「青天の霹靂」号の前で記念写真に納まる(左3人目から)青山祐治副知事、三村知事、楠瀬社長ら関係者=10日、青森空港

 青森県はフジドリームエアラインズ(FDA)機のネーミングライツ(命名権)を取得し、青森空港で10日、FDAの楠瀬俊一社長、三村申吾知事ら関係者が出席して出発式を開いた。県によるFDA機の命名権取得は2017年度以来3年ぶりで、前回と同じく「青森米『青天の霹靂(へきれき)』号」と命名。21年3月末まで全国17都市21路線に就航し、県産ブランド米と青森-名古屋(小牧)線、神戸線のPRに一役買う。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。