十和田古道の歴史的景観を守るよう要望書を提出した斉藤名誉教授(右)と中川会長=県庁

 青森県十和田市奥瀬の惣辺放牧場と奥瀬放牧場に計画されている風力発電施設を巡り、同市の市民団体は9日、自然景観はもとより「十和田古道」という歴史的景観を守るため、計画見直しに向けた提言や助言を求める要望書を県などに提出した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から