青森県弘前市の最勝院は10日会見し、現在修繕中の吽形像の体内から発見された墨書から、この像が県内に16体ある仁王像の中で、最も古い承応2(1653)年に制作されたことが分かったと発表した。