会見するJR東日本盛岡支社の石田支社長=9日、青森市

 JR東日本盛岡支社の石田亨支社長は9日、青森市で定例会見を開いた。新型コロナウイルスの影響で需要減少が続く東北新幹線盛岡-八戸間の利用客数について、ゴールデンウイーク(GW)を含む5月を底に一時回復の兆しが見られたものの、8月は夏祭りの中止などを色濃く反映して前年同期比27%と低迷したことを明らかにし、現状、需要回復は足踏み状態にあるとの認識を示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。